30歳でブログを本気で始めた理由は「マジでこのままじゃあかん」と思ったから

スポンサーリンク


好きなことを思ったまま発信できる場所って本当に大切だと思う。みなさんはそんな場所ありますか?

そして今の私には自分のブログがその大切なスペースとなりました。

今回はなぜMiggeが30歳になって本気でブログを始めたのかについてお話しします。

 

30歳という節目が私をブログに導いた

 

このタイミングでブログを本格的に始めた理由はズバリ、自分の意味を見出したかったからです。

 

今まで30年間生きてきたけど、正直私はこれといって自分が誇れるようなものは1つもありませんでした。

それは、海外生活の経験があるとか、英語が喋れるとか、どんな仕事をしてきたとか、そんな上っ面の事じゃなくて…

 

自分のコア、自分の誇れる強み、自分の人生にかける思いが、圧倒的に欠けていることに気が付いたのです。

 

そしてこれから次の30年間、同じようになるのが、ただただ怖かったのです。

 

スポンサーリンク

昔の自分と話せるのであれば何を伝えるか

 

自分が経験してきたことって、自分の中では当たり前になっているけど、それが他の人からしたら特別であったり、非日常であったりすることってあると思うんです。

 

30年私という人間をやってきた中で、良かったことや悪かったこと、学んだことや後悔していることがいくつかあります。

それは決して20代のころの自分では知りえなかった情報だし、その時の自分が知っていたらきっと今はもうすこし違う未来があったのではないかとすら思います。

 

そんな自分の当たり前を、ブログを通して発信することで、他の人は新しい知識を知ることが出来るはず。そうすれば、他の人は、人生の選択肢を増やす機会を得られるのではと思ったのです。

 

ブログでモヤモヤ世代の助けになれればと思った

 

私自身、経験したからこそ言えるのですが、20代から30代に代わる時って色々モヤモヤする時期をすごすもの。

20代から30歳になる時って、自分自身に対する危機感って絶対にあると思う。

例えば

  • 自分が思い描いていた30歳の姿に到達できていない
  • これといった人生の目標がない
  • 自分の強みが分からない
  • 自分の現状に満足できていない

 

こうゆう感じです。

30歳になるというのは、人生の大きな節目になる時期であることは間違いありません。

 

「年なんか気にしないよー」なんていう人もいると思う。

気にしなくてもいいんです別に。

ただ、周りからの目線が30代になって変わってくるのは確かです。周囲からそれなりに「大人」として扱われるようになるのです。

 

そんな時に、いつまでも自分のコアや強みが無いままだと、本当に生きづらくなります。

未熟さとか、甘えとか、若さ、可愛さが通用していた20代が終わるってそうゆうことです。

 

「自分はこのままでいいのかな」

「もっと自分のやりたいように生きた方がいいのでは」

 

こんな風に不安に思ってモヤモヤしている人たちへ、私の経験してきたことを紹介することで、生き方は一つだけじゃないんだよという事を伝えたいのです。

​ 会社辞めてフリーになったら生きがい100倍増し【30歳のリアル】

2017.11.18

 

ブログを通して自分も学び、生かされる

 

自分が学んできたことを人に教えることで、自分自身の学びになるという事を聞いたことがあります。

だから私は「自分だけ」の知識を「みんなにも」の意識で、惜しみなく共有していこうと決めたのです。ここで「自分だけ」になっていたら私は一生「自分だけ」になってしまうから。

私は自分の経験をシェアすることで、そこから得られる学びや気付きを吸収し、自分の強みにしたいのです。次の30年それを続けていけばきっと自分の意味を見つけられていると信じています。

 

Migge
そんなことから、MiggeLogブログは、Miggeの記録(Log)、つまり私の生きざまの歴史を残すという意味を込めて命名しました

 

自己成長している時ほど実感が湧かないものだと思うから、突き進んで行かないといけない

2017.11.16

くだらないプライドは捨てるが勝ち。捨てた分だけ新しい可能性を拾ってこよう。

2017.11.01

スポンサーリンク







いいね!と思ったらシェアしてね

コメントを残す