一年前の自分を振り返ってみて、どれだけ自分の環境が変わったか気が付いた

スポンサーリンク


今日は去年知り合った日本人の友達と久しぶりに合流した。

彼と知り合ったのはちょうど去年の今頃。彼は私と同じ職場で働いていた同僚。というか先輩でした。

ちなみに、そのころはちょうど今から一年前くらい。

 

一年前の今頃の自分を振り返ってみた

 

一年前。

私はとにかくドイツで何とか生活していかなくちゃいけなくて、不自由なドイツ語を頑張って仕事をしました。

だけど、そんな日々の中私は「これって自分のやりたい事なのかな」と常に考えていました。

 

私のドイツ語の至らなさや、業務自体に対するのみこみの悪さもあったのかもしれません。

 

どうしても日々の業務の中で満足感が得られず、ただただ辛くて涙することもありました。

私は今何をやっているのだろうと。

 

仕事をもらえているのにもかかわらず、夜は不安で眠れない。朝起きると一日の始まりが辛かった。

日に日に自分の精神力が失われていくことを感じていました。

このままじゃいけない、なんとかしなければと、自分の顔を鏡で見ながら考えていました。

 

スポンサーリンク

人間関係のしがらみがめんどくさかった

 

ドイツの場合だけに限らず、様々な場面で経験してきたのですが、私が何より嫌いだったのが

他人の悪口を聞かされることでした。

悪口を言う人は気が付いていないのかもしれませんが、私からすると正直それってただのイジメみたいで、本当に胸糞が悪かった。

 

そして、それに伴い、絶対自分も同じように言われているんだろうなと感じていました。

別に私自身の事は何を言われてもいいです。気にしないから。

でも他の人の悪口を堂々と話してくる人間関係に心底ウンザリでした。

 

こんなにめんどくさい人間関係があるのであれば、私はいっそのこと自分一人で働いた方が100倍ましだと思ったのです。

 

ドイツから見る日本人の共通点はズバリ「お酒が絡むと〇〇」だから幸せ逃してる

2017.11.19

 

一年前が人生のターニングポイントだった

 

こんな思いをしてまで組織にかかわるメリットはどこにあるのだろう?

お給料がもらえてさえすれば、理不尽な環境にいる事すら有難く思うべきなのだろうか?

自分の体がこんなに辛いと叫んでいるけど、耳を傾けなくていいのだろうか?

 

 

私は去年の今ころ、ドイツという国でドイツ語もろくに喋れない中、仕事を辞めました。

その時は気が付かなかったけど、今なら断言できます。

あの時が人生のターニングポイントでした。

 

合わなかったら離れていい。逃げるが勝ちってそういう事。

2017.11.09

 

金銭的に余裕が無くても、心は穏やかでした

 

未経験の初心者ライターとしてクラウドソーシングに登録した私は、頑張って案件獲得のために下積みする日々を迎えることとなりました。

 

日本から持ってきた貯金はは日増しに減っていくし、全然仕事も取れず、正直しんどい日々が続きました。

だけど、一年前の自分を振り返ってみて、確かだったのは自分の心は極めて穏やかで安定していたという事。

 

東京で働いてきた自分、そしてドイツで働いてきた自分、どれをとっても仕事を辞めてからの自分の方が一番自分らしくいられたのです。

 

朝起きても辛くない。夜寝る前も緊張しない。

私の体はどんな状況でも常に、私に正直だったのです。

 

何かを得るためには何かを捨てないといけないということ

2017.11.06

 

私は今幸せだと今日心の底から感じた

 

あれから一年が過ぎました。

経験が無いまま始めたwebライターという仕事。辛い時ももちろんありました。そして自分の無力さに落胆したときももちろんありました。

 

もともとライティングなんてしたことがない私でしたが

 

書けば書くほど、自分の文章のスタイルが出来上がっていく感じがして嬉しかった。

クライアントさんからの反応を見るのが楽しみだった。

自分の文章が多くの人の目に留まることが恥ずかしくもあり誇らしかった。

 

 

こんな私ですら誰かの役に立てるのだと、案件をこなしながら感じることが出来たのです。

 

  • 成果さえ残せば文句も言われない
  • めんどうな人間関係にとらわれない
  • 自分のやるべきことさえやればいい
  • やった分だけ報酬がもらえる

 

これがまさしく私のやりたい事、つまり仕事の基準なのだと気が付いたのです。

 

稼ぐために仕事をしていた私が、生きるために仕事をするというマインドに切り替わったのです。

 

今なら断言できます。

私は幸せです。

 

​ 会社辞めてフリーになったら生きがい100倍増し【30歳のリアル】

2017.11.18

 

自分に素直になってほしい

 

もしの一年前の私のように、誰かが悩んでいたとしたら、私は絶対に伝えます。

 

生きる道の選択肢は自分が思っている以上にたくさんあるんだよ」と。

 

そして、一年前の自分を振り返ってみて感じるのですが、自分の体の声はしっかりと聞いてあげるべきです。

 

  • 急に泣きたくなる
  • 食欲がなくなる
  • 夜眠れなくなる
  • 心が満たされない
  • 朝が辛い
  • 無駄な緊張感

 

こんな時は、体があなたに出しているSOSを出している可能性大です。

 

そして最後に伝えたいのですが、

辛い職場や組織にとどまる必要は全くありません。

人間、向き不向きがあるように、職場でも合う合わないは絶対に起こります。

それはどんな理由であれ、起こりえる事なのです。

 

自分を人生の軸にして、自分が一番生きやすい道を選んであげてください。

それはたとえ他人からの支持を受けられなかったとしてもいいんです。

 

そして、転職するくらいで人は死にません。私みたいに海外からフリーランスになった人間でも本気をだせば生活できるようになれました。

 

それでもなお「環境を変えるのが怖い」とか「リスクがある」とか気にする人は、残念ですが、どうぞご勝手にそのまま一生がんばってくださいって思います。

 

皆さんには声を大にして伝えたい。自分の人生を生きれるのは自分自身だという事を。

 

自己成長している時ほど実感が湧かないものだと思うから、突き進んで行かないといけない

2017.11.16

 

全てなあなた次第

 

これから先の一年、あなたがどう生きるか。

そして一年前を振り返った時、あなたが自分自身に何を思うのか。

その時に「今の私は幸せです」って胸を張って言えるようになっているといいですね。

 

全てはあなた次第なのです。

スポンサーリンク







いいね!と思ったらシェアしてね

コメントを残す