​ 会社辞めてフリーになったら生きがい100倍増し【30歳のリアル】

スポンサーリンク


Miggeが会社を辞めて、ドイツでフリーランスをスタートしたのは去年のこと。その時は29歳でした。

今年30歳になり、女として今の自分の幸せと、自分の今後の人生について考える機会が圧倒的に増えました。

結論を先に言うと、会社を辞めたけど、今幸せ、生きがい増し増し中です。

 

会社を辞めたら、仕事が好きになった

 

あれだけ働くことが嫌いだった私ですが、会社を辞めたら仕事が好きになりました。

なんともまぁおかしな話なのですが(笑)

 

私自身が身をもって毎日感じている事なのですが、皆さんにも質問させてください。

Migge
  • 朝起きたときに、一番に考えることは何ですか?
  • どんな気持ちで朝を迎えますか?

 

本当に不思議なのですが、会社に属していたころは、毎朝憂鬱でした。

「起きたくない」

「満員電車に乗りたくない」

「これからまた1日が始まる」

こんな気持ちで毎朝を向かえていた私。

 

だけど、フリーランスになってからは、朝起きると一番に仕事のことが気になります。

ベッドの中でも携帯でメールを確認しちゃいます。

寝る前にも、仕事のことで頭が興奮していて寝付けないことも。

 

これは俗にいうワーカホリックなんかじゃありません。

フリーランスというライフスタイルのおかげで、日々ワクワク☆ドキドキが止まらないのです。

 

スポンサーリンク

会社を辞めたら自分ととことん向き合えるように

 

フリーランスのライティングの仕事を通して、「自分の価値」について考えることが増えました。

  • フリーランスの仕事で何かうまくいかないことがあると、積極的に自分の問題点を掘り下げる。
  • クライアントさんの反応で自分の未熟さとスキルアップを把握する。
  • 自分が働いて得る報酬額から自分の時間の価値を考える。

 

会社を辞めてからの方が、圧倒的にインプットとアウトプットの量が増しています。この状態が生きがいを感じれる大きな理由の一つであることは間違いありません。

 

会社にいたころは、会社に自分自身を溶け込ませることがメインだったから、自分自身の強みや弱みや武器にも気が付けなかった。

 

Migge
自分の価値なんでぶっちゃけ一度も考えたことありませんでした。

 

それよりも、従わなければいけない組織のルールや、就業規則、人間関係や、マニュアル化された仕事の規則に従うことで精一杯だったのです。

「私」という単体ではなく、会社の中ではチーム、団体での価値だったのです。

 

会社では仕事に「やりがい」は感じたけれど、「生きがい」ではありませんでした。

 

女性ならではの不安も乗り越えられる希望がある

 

20代の頃には漠然としか自分の将来を考えられなかったけど、今自分が30歳という本当の意味で大人の仲間入りをしたことで、自分の人生について自分で責任をとらなければと真剣に考えるようになりました。

 

この年になって、フリーランスという「私の選択した道は間違っていなかった」と確信が持てます。

 

女性のライフスタイルは変化していくもの。

妊娠、出産、育児、そしてパートナーの転勤など…

 

Migge
様々な場面を想定しても、私にとってこのフリーランスという働き方は最善の道なのです。

 

将来子供を設けたら収入が減るなど、一時的なマイナス面もあるかと思う。だけど在宅で働けるフリーランスならばキャリアのブランクも空かない。

なにせ家に居られることで、子供の成長も常に見届けられることが、本当にベネフィット。

 

パートナーの転勤にも全く動じない。

むしろインターネットさえあればどんな場所からでも働ける。

 

会社員と違ってボーナスがないフリーランスという働き方だけど、自分の大切な時間を、だれよりも大切に使えているという満足感があるのです。

 

本人ができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもその人が思ったことは正しい。-Henry Ford(ヘンリー・フォード)

 

自分の為の人生を歩んでいるから生きがいを感じる

 

いろいろ学んで失敗して成長する20代。

そして、その経験を応用していくのが30代だと思ってます。

 

今自分が本当に30歳になって、フリーランスという働き方を始めたことで

ここまで生活(むしろ人生レベルで)が変わると思ってなかった。

このワクワクした気持ち、もっと挑戦したいと思う向上心、そして生きがいを、ここまで感じたことがありませんでした。

まさか30歳で、ここまで何かに熱中できると思ってなかった。

まさか30歳になった今、仕事がしたくてたまらなくなるとは思わなかった。

 

面白いことに、自分が決めたことはまったく苦にならないのです。

 

会社を辞めてフリーランスになったから、すべての責任は私持ち。

時に厳しい時もあるけれど、

この試練の時間や学びの時間、そして成長の時間、全てが自分の為になるのです。

 

フリーランスという生き方を選んで、後悔はゼロ。

自分の為の人生を30歳になり、本格的に歩めている実感が今あるから。

これは、生きがい増し増しで間違いありません。

 

あなたは毎日どれだけワクワクした気持ちになれてますか?

 

何かを得るためには何かを捨てないといけないということ

2017.11.06

スポンサーリンク







いいね!と思ったらシェアしてね

コメントを残す