くだらないプライドは捨てるが勝ち。捨てた分だけ新しい可能性を拾ってこよう。

スポンサーリンク


突然ですが、みなさんってプライドありますか?

ちなみに私、無いと思ってたプライド、あったみたいです。そして早速そのプライド、昨日ぶち壊してみました(笑)

 

今回は自分のプライドをぶち壊ことによって気付けたポイントについて。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

はじめに

ドイツに来てから1年と半年が過ぎましたが、私は未だにドイツ語が理解できても話せません。

 

理由は知ってます。

 

単純にドイツ語から逃げていたから。

正直にいいます。話したくなかったんです。
というか、必要性を感じていなかったというのが正解でしょうか。

 

スポンサーリンク

昨日プライドをぶち壊してきた

昨日からドイツ人の彼のおじいちゃん、おばあちゃんの家に来てます。
今日こそはドイツ語を自分から積極的に使おうと昨日から心の準備を万端にして来た訳です。

 

人生の100のリストでドイツ語勉強するって宣言してるしね。

 

まだ記事を読んでない人はこちらをチェックしてね♪

結果を先に伝えると、ドイツ語、話せました(笑)

自分でも

え?話せんじゃん。自分。しかも、周りの人も頑張って私に耳を傾けてくれる。コミュニケーションできてんじゃん(笑)

と思うような展開に。

もちろん圧倒的な経験値の無さから、ドイツ語がスラスラ出てくるわけもなく、とてつもなく恥ずかしい気持ちになったことは言うまでもありません。

 

だけど・・・

 

1年と半年間逃げつづけて来たドイツ語。

 

なんであそこまでドイツ語を使いたくなかったのか。どうしてここまで時間がかかったのか。私が大切に温め続けた無意味なプライドは一体なんだったのか・・・

 

それが、この一瞬で今までの私のプライドがぶち壊された訳です。

 

どんな時にしょうもないプライドが顔を出すのか

みなさん、こんな経験ありません?きっと私だけじゃないはず。

 

  • 間違えたらどうしよう
  • 失敗したらどうしよう
  • 怖い
  • かっこ悪い
  • 恥ずかしい
  • 周りの人にどう思われるか
  • 笑われたくない

 

だから、安全地帯にとどまっていよう。

 

結局これって、他の人と違う事をする時や、居心地の良い環境(自分の心のテリトリー)から離れる時に起こる感情なのかと。

 

私がまさしくこの悪循環にはまっていた1人。私の場合はドイツ語ですね。

 

ただがドイツ語だって思う方もいるかもしれません。だけど人にはぞれぞれ違うプライドってあると思うんです。私の場合は語学だったと言うだけ。

結局のところ自分が1番可愛いだけ

今この場で改めて言わせてください。

 

私は、他人からの自分が希望しないリアクションを恐れていたんです。

 

自分が予期しない、自分が望まないリアクションを避けるために、ドイツ語から遠ざかっていたんです。

 

自分を守りたかったんでしょうか。今思うとしょうもない人間です。

 

それに加えて勘違い完璧主義者

人間は承認欲求があるといいます。
それはつまり、

 

誰かから認められたいと言う気持ちのこと。

 

これはいたって普通のことで、人間である以上誰もが持ち合わせる欲求なのです。
だけど、人から認められる上で「自分は完璧でいなければならない」と勘違いしてしまうことに原因があったのです。少なくとも私の場合は。

 

よくわからない変な完璧主義が、私のプライドになっていたのです。

 

出来ないことは出来ないと開き直ればいい

1年と半年間ドイツ語から逃げてきた私は変わりたかった。

 

だから、ドイツ語に関して完璧でなくていいと割り切った(開き直った)んです。

 

彼の家族も私がドイツ語が堪能でない事くらい知っている。もし私のめちゃくちゃなドイツ語に呆れられても構わない。ドイツ語が下手くそな私でも一緒に会話してくれる人に感謝しよう。

 

だって、出来ないんですもん(笑)

 

逃げる以外には開き直るしかありません。

無駄なプライド捨てたら、生きやすくなる

今回ドイツ語に関して、自分のプライドをぶち壊してみたら、おもった以上に得られるものが多かった。
自分の新しい可能性、つまり今回の場合は私でもドイツ語でコミュニケーションできると言うことがわかった。
例えば、こんな感じ。
  • もっとドイツ語を勉強したい
  • もっと人に話しかけたい
  • ドイツ語で友達作りたい

 

今まではくだらないプライドを優先に生きてきたから、逃げることしか道がなかった。

 

だけど

 

ブライドを捨てることによって、私の人生の選択肢が増えた。

 

そして今までの自分のちっぽけなプライドは、一体なんだったのだろうと本気で不思議に思う。

 

時間がかかってしまったけど、今このことに気がつけたことに感謝。だってもしかしたらずっとずっと気がつかないまま生きていたかもしれないのだから。

 

みなさんへ伝えたい。声を大にして。

 

くだらないプライドは捨てるが勝ち。捨てた分だけ新しい可能性を拾ってくればいいんです。

 

自分の人生は自分でコントロールしてやりませんか?

 

絶対そっちの方がいい。そう感じたMiggeなのです。

 

スポンサーリンク







いいね!と思ったらシェアしてね

コメントを残す