【先延ばし癖のある人限定】560円の「1440分の使い方」で自由時間を増やしませんか?

スポンサーリンク


忙しい毎日を送る皆さん、こんにちは。Miggeです。

数日前に私にミラクルを起こしてくれる引き金となった本と出会いました。

その本の名はズバリ1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

 

今まで様々な自己啓発本や時間管理・仕事術の本を読んできたMiggeですが、この本が正直今まで生きてきた中でダントツで一番でした。

あまりにも内容が素晴らしすぎたので、共有させてください。

 

すでに時間の自己管理が100%できている人や、自分の時間に不満のない人はこの記事は見る必要がない内容となります。

私みたいに先延ばし癖があって、時間を有効に使えてないなぁと感じる方だけお読み頂ければと思います。

 

 

もし一日で使える時間が増えるとしたら何をする?

 

もっと家族時間を増やす?

もっと自己投資に時間を使う?

新しい習い事を始める?

大好きな読書の時間に充てる?

 

私だったら、もっとパソコン(仕事)から離れて人と関わりたいです。

ちなみに、私の場合、仕事が忙しい時はこんな感じ(汗)

 

  • 一日中やることに追われてほぼ毎日結局一日中PCの前にいる
  • 忙しすぎるときは、食事にまで気が回らない
  • メールのチェックやSNSの通知に振り回される
  • ToDoリストなどを駆使してタスク管理をするけど結局タスク未完了
  • 忙しくて大切な人と関わる時間が確保できない
  • 本当にやらなければいけないことを後回しにする

 

結局私は家にいるときはほぼパソコンの前にいてしまう事が圧倒的に多くなってしまうのです。

やはり自宅が作業場だからしかたがないのかな…とも思ったのですが、これってもし私が会社に勤務していたとしたら正直言ってただの残業ですよね。残念です。

 

スポンサーリンク

タスクを完了できない理由はズバリ…

 

こんな経験しているい人ってわたしだけじゃないのかなぁと思います。

色々なところから飛んでくるタスクに丁寧に対応してしまう人って、こんな特徴があるのでは。

  • 面倒見がいい
  • 責任感がある
  • 頑張り屋

 

何か作業をしていても横から邪魔が入る、メールの着信に気を取られてタスクそっちのけでメール対応もしてしまう…などなど。

 

その結果、簡単なタスクから手を付けて完了させるも、その数が多すぎて結局一番大切なタスクまで手が回らなくなってしまい、結局残業時間突入なのです。

 

ここ最近は、もともとあるライティングの仕事と併せて、自分でやり遂げると決めたブログ運営の時間配分がどんどん悪くなっていってしまい、本当に睡眠時間がおかしなことになってしまっていた私。

Migge
この状況をなんとかせねばと思っていた時に見つけたのが、この本だったのです。

 

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

 

7人の億万長者、239人の起業家、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生に学ぶ生産性向上の日常習慣(独自の取材と研究が明らかにした、)成功者共通の「生産性向上の習慣」を公開!

引用元:Amazon商品の説明

 

ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家ケビン・クルーズ氏が生み出した「1440分の使い方」の何がすごいかって、様々な著名人の実態と共に、彼らの生活パターンや行動を毎回本の中で例を挙げて説明してくれるところにあります。

読めば読むほど、納得するしかなくなってきてしまうのです。

 

なぜかkindleでは激安の560円という不思議

 

日本では有名なプロブロガーのイケダハヤトさんもおすすめしているくらい優秀なこの本。なぜかkindleでは破格の560円。しかも購入者特典録つきです。

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

普通の紙の本でも購入可能なのですが、その場合だと1620円。1000円以上安く本が手に入っちゃうkindleって本当に素晴らしい。

この金額差は不思議ですが、正直kindleユーザーの私にとっては大変ありがたい限り!気になった人は見てみてね♪

 

実践しやすい内容がこれまた良い

 

「1440分の使い方」では本当に細かく、しかもとっても分かりやすく時間管理術と考え方を説いています。

ほんの一部を抜粋するとこんな感じ。

・成功者はToDoリストを使わない!
・億万長者はノートを手書きする!
・起業家は朝の習慣を重視する!
・オリンピック選手は「ノー」と言う!
・オールAの学生はSNSを遠ざける!

引用元:Amazon商品の説明

 

「1440分の使い方」の中では合計で15の項目で、私たちが日常で改善するべきポイントをめちゃくちゃ具体的に説明しています。

 

しかもありがたいのが、どの項目でも読み手それぞれのシチュエーションに合わせて、アドバイスがあるという事。

例えばこんな感じで。

 

  • もしもあなたが学生なら…
  • もしもあなたが主婦なら…
  • もしもあなたがフリーランスなら…
  • 管理職なら…
  • 起業家なら…

 

ホント、めちゃくちゃ親切じゃないですか?

こうゆう時間管理術系の本って、読んだ後に頭では理解できても、実際行動に移すのってまた別のお話かと思うんです。だけど、こんな風に具体的にアドバイスがあると、不思議なくらいすんなりと行動できます。

 

ほんとにこれ、560円とか絶対嘘。

 

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

早速私も実践しています

 

ところで私も早速、数日前から「1440分の使い方」に従い、できることからトライしています。ちょっとだけ内容を紹介しますね。

 

1.ToDoリストを廃止しました

 

著者は、成功している友人たちに時間管理のコツを聞いて回るうちに、ある共通点に気づく。それは、だれひとり「本に書かれているような方法」を口にしなかったことだ。そして判明した秘訣のひとつが「ToDoリストを使わない」ということだった。

引用元:Amazon商品の説明

 

本を読み進めるうちに著者の言いたいことも120%理解できたし、それを実証するだけの説明も十分でした。

 

もう言わなくてもお分かりかと思いますが、私は何年間も愛用してきたToDoリストを数日前から廃止してます。ちなみにToDoリストやめても、仕事に全く影響ありませんでした(笑)

 

 

2.本当にこなすべきタスクを洗い出す

 

この本で一番著者が伝えていることは、日々あふれ出てくるタスクに対して、本当に最重要タスクを優先的に終わらせるというもの。

 

Migge
ようは、あれもこれもやっていて、本当にやらなきゃいけないものが終わってなかったら本末転倒だということ

 

「1440分の使い方」ではかなり具体的に、私たちがどのように最重要タスクについて取り組むべきか説明しています。

 

この本を購入してから随分と自分の設定すべき目標について考えてきましたが、今日やっとこのワークに取り組めました!

今まで分かったつもりでいた私のやるべきことにかなり無駄があったという事に気が付けました。

 

 

あんまりここで情報を出してしまうと、著者の方に悪いのと、個人的な情報が載っている場所もあったので一部隠してあります。悪しからず。

 

「1440分の使い方」を購入すると、特典付録が付いてきます。その中の一つにワークシートというものがあり、それを記載することで自分の本当に注力すべきタスクが見えてくるという優れモノ。

 

3.スケジュールは15分おき&タイマーを使う

 

「1440分の使い方」では私たちが日常行う全ての事に対してスケジュールを組むことをすすめています。しかも15分間隔で。(それより細かくてもいいみたい。)

こんな感じで、私はいつも次の日の予定を前日に入れるようにしています。

そして最大のポイントは、この一度組んだスケジュールを何が何でもやり遂げるということ。つまりタスクをこなしている間にはSNSやメールの着信はオフにセットします。

私の場合にはライティングが一番最優先のタスクなので、この時間は何があってもだれにも邪魔させないようにします。それくらい、最重要タスクは集中してこなす必要があるくらい大切なのだという事を「1440分の使い方」から学びました。

 

Migge
それは、自宅にいるジャーマン彼氏が話しかけてきても同じことです。つまりこの時間は、私は誰かとアポがあるくらいの気持ちで取り組まなければいけません。彼がちょっと寂しそうにしています(笑)

 

4.朝の時間の使い方を見直しました!11月24日更新!

 

1440分の使い方では、とにかく朝の時間の使い方について、重要視しています。

世界中で活躍するアスリートや著名人、ビジネスマンたちは決まって朝にすることがあるというのです。

 

私も1440分の使い方にのっとり、朝のルーティンを見直しました!

朝時間の見直しをして気が付いたのですが、起きてからお昼までが勝負どころです。

別記事で紹介しているのでよかったら見てみてくださいね♪

 

朝のルーティン紹介!朝のルールを見直したら一日の生産性と充実度が劇的にアップしました!

2017.11.24

 

結論:560円は絶対嘘です←しつこいw

 

 

この本を買って数日が過ぎましたが、私の生産性はぐんと上がっています。現に今日はお昼までに仕事が終わってます。

それは単純に「1440分の使い方」が進めるようなスケジュールを組んだからそうなったのではなく、本書が伝えている概念を私なりに理解して、生活に取り入れるようになれたからかと。

もしも時間節約術で今まで効果が無かった人がいたら、是非ともチェックしてみてください。絶対に後悔しません。

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣


海外在住初心者ライターにとってkindleが必要不可欠な理由はこれ。

2017.10.30

初心者Webライターやブロガーならば避けては通れない教本たちをご紹介!

2017.10.29

スポンサーリンク







いいね!と思ったらシェアしてね

コメントを残す