海外在住ライターだからこそ!ブログを始めるべき5の理由

スポンサーリンク


今日はタイトルの通り「海外在住ライターこそブログを始めるべき理由」についてお話しさせてください。

今この記事を見てくれている海外在住ライターさん(もしくは興味のある方)、そして「好き」をブログで書いて稼いでいきたいと考えている方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

海外在住ライターだからこそブログを始めるべき5の理由

さて、本格的にブログをスタートしてまだ1か月も経たない私ですが、この数日間嬉しいことや気づきが結構ありました。

この数日だけですでにブログを続けるべきポイントが早速見えてきたんです!

それでは早速。

 

1.脱・引きこもりになる

正直、今までは「節約のために家にいるべきだ」という考えが多かった。もちろん必要があれば外に出て遊ぶけど、それ以外は静かに家に居ようと。

海外在住の人なら、多少なりとも理解出来る所があるのでは?

だけどお金をかけなくても、外に出て色々ネタ探しできることを知ってからは、日中はなるべく家以外のところに居るようになりました。

ちなみに私は外でこんなことしてます
  • 一人で公園の巨大ブランコに乗ってぼーっとしてただけだけど、いいネタが思いついて結果OK。速攻家に帰ってきて記事作成。
  • カフェでコーヒー1杯で4時間粘った。そしてそこで人生の100のリスト作った。だけどなかなか100個のリストが浮かばなかったから、店員さんに「あなたの人生の夢は何?」って聞いた。そしたら「宝くじ当てることだ」って言われたので、私の100のリストにも入れてみまた。←めちゃくちゃカンニング(笑)

 

ほんとに大したことないんだけど、結局家にいるだけじゃ、絶対こんなことは起こらなかったと思う。

ブログを始めて行動範囲が広くなった。というか好奇心旺盛になった!

 

2.ライティングの勉強ができる

海外在住でWebライターになる人は実は結構多いんじゃないかと思う。

海外に住んでいるからこそ、現地の情報を記事に出来たりするから。しかも現地で就職が難しい人は、やっぱり一度はWebライターの道を考えるのでは?

まだライティングの経験がない方でも問題ありません。だって自分のブログで、ライティングの勉強が出来るんだから!全くプレッシャーを感じる必要はないんです!

さて、自分のブログがあることで「文章を書く」という作業を定期的に行うことができます。具体的には、

今日のネタはどうゆう切り口で展開していこうかな?

と考えながら、形の見えない自分のアイディアを、ブログ記事として文字に起こしていく作業になります。

この作業を続けることで、文章構成を考える、分かりやすい言葉を意識的に使用する、言い回しに注意を払う、など総合的なライティングスキルを向上させることができます。

 

あと、本もよく見て勉強するようにもなってます。ようは、自分が力を付けた分だけ、成果も自分に返ってくるんですよね。モチベーション上がります。

初心者Webライターやブロガーならば避けては通れない教本たちをご紹介!

2017.10.29

 

3.自分のライティングスタイルが見える

Webライターの仕事を始めたいけど、自分に自信がない。具体的には自分のライティングが武器になるのか不安。という方もいるのでは?

そんな時自分のブログがあることで、自分がどういう文章を書くのか把握できるようになります。最初のころは試行錯誤しながらコンテンツを作ると思いますが、しばらくすると自分が書きやすい文章がわかってきます。

そうなってくると記事の生産時間もぐっと短くなってきます。そのころには、自分のライティングスタイルが少なからず出始めている、と思っていいでしょう。

ちなみにですが、ブログはライターとしての履歴書になる」ということを覚えておいてください。

何か新しい案件にチャレンジしたい!と思ったとき、自分のブログのリンクを一緒につけて応募することで、クライアントはあなたの文章の色を見ることができます。

その上で仕事が決まったのであれば、あなたもきっと安心すると同時に、自分の文章に自信が持てませんか?

【必見】クラウドソーシングでの案件探しと稼ぐ方法を伝授します。

2017.11.17

 

4.有意義にSNSを使うことを意識できる

Miggeは、ブログを書き始めて「もっと多くの人に見てもらいたい」という気持ちが湧いてきました。

今までは個人アカウントのみでSNSを使用してきましたが、ブログ用のSNSアカウントを作成し、ブログを読んで欲しい人たちに向けたアピールをするように。

そうすることによって、同じような境遇の人や、ブロガーさんたちと繋がれるようになったのです。

 

つくづく感じたのですが、SNSは目的あってのSNSかと。

 

ただ自分の私生活を友達に公開して満足するのと、ブログをきっかけに誰かと繋がるツールとしてSNSを使用するのとでは、満足感が全然違います。

それに、自分がフォローしているブロガーさんたちのリアルな声や様子をSNSで追っかけた方が、自分の知識にもなるし、良いモチベーションキープになります。

 

5.自分の存在意義を感じる

海外にいると、少なからず自分の存在意義に関して危機感を覚える方もいるのでは。私はそうでした。

やっぱり母国を離れるという事、家族や友達、大好きな土地や食べ物からかけ離れた場所にいると寂しさを感じることも。

そんな時でも、自分主体で思っていることを発信できるブログがあることで、私は救われた部分があります。

SNSを通してブログの存在を知ってくれた方が、個人的にメッセージを送ってきてくれる。

同じような境遇の人がこんな私に相談しに来てくれる。

こんなことってブログを始めるまでは経験できませんでした。海外にいるからこそ、それだけで自分の経験がほかの人にとっては価値あるものなのだと分かりました。

寂しい思いをしたり、大変な思いをすることも多い海外生活だけれども、ブログを通して心の平和が保てそうです。

30歳でブログを本気で始めた理由は「マジでこのままじゃあかん」と思ったから

2017.11.18

さて、これが私の海外在住ライターだからこそ!ブログを始めるべき5の理由です。本当はもっともっといいところはあるのですが、長くなりすぎるので一旦ここで止めておきます(笑)

では、次にブログを始めたからこ、困っていることをお伝えします。

 

スポンサーリンク

ブログを始めてから困ったこと3つ

1.ネタ写真を常に探してしまう

ブログを定期的に発信するようになってから、先にも述べた通りネタ探しが癖になりました。それだけでなく、私の場合は自分のライフスタイルを発信したいという気持ちがあるので、写真にこだわってます。

なぜかというと、「Miggeがその土地で生きている」様子を配信することがMiggeLogのコンセプトだから。

ブロガーは文章で勝負なのはわかっているのですが、せっかく海外にいるのだから私が見ている景色や雰囲気を味わってもらいたいという気持ちがあるためです。

その為、街に出てはGoProと三脚を使って一人写真撮影したり、彼に写真をお願いしたりと、実はブログの記事作成以外でも時間を結構使っています。

Migge
いつも協力してくれる彼には大感謝です。

 

2.ネタ探しの旅行がしたくなる=金欠

私は基本的にドイツに住んでいたとしても旅情報のブログ記事は執筆しません。その理由は、そんなの大手の会社のサイトやブログでいくらでも情報が載っているから。

私が旅行したくなる理由は、色んな環境に身を置いて、そこで感じたことを記事にしたいから。私は旅で得た経験を元にして、自分の考えを織り交ぜて記事にすることが好きなんです。

旅行ばかりしているとやっぱりお金がかかります。

 

3.仕事よりもブログの事を考えちゃう

クライアントから仕事をもらうことで生活が成り立つWebライターですが、ブログを始めて正直こんなことを思ってしまいます。

 

「同じコンテンツを作成するのであれば、自分のブログに記事投稿したい。」と・・・

 

Webライターとはクライアントのウェブサイトやブログの為に記事を作成します。よって、自分の書いた文章は彼らのものに。

ブログを始めてつくづく思うのですが、

 

コンテンツは資産です。

 

自分のブログにコンテンツを上げれば、それは一生ネット上に残るんです。昔書いた記事でも、新しくブログに訪れてくれた人がまた読んでくれるのです。

Migge
ゆくゆくは自分のブログだけで生活ができるようになれば一番幸せ!

 

まとめ:自分の可能性を広げる手段、それがブログ

いかがでしたか?今回は海外在住のMiggeが、ブログを定期的に更新し始めてから感じているブログの恩恵について紹介してみました!

一週間ちょっとだけど、正直今までのドイツ生活の中での生活満足度が圧倒的に高くなっていることは間違いありません。

たかがブログ、されどブログ。

始めるか始めないかはあなた次第だけど、私はこのままブログを続けたい。

今の目標はこのままバリバリブログを続けて、将来ファンキーなおばあちゃんブロガーになること。孫に自分のブログを見せてあげたいな。

ブログ40記事更新!ここまで来たら儲けもん【ブログ運営報告】

2017.12.01

ブログ30記事を更新したので、その結果と収穫をまとめてみた【ブログ運営報告】

2017.11.30

Googleアドセンスの威力を思い知る~好きを書いてブログで稼ぐ、が動き出した日~

2017.11.28

スポンサーリンク







いいね!と思ったらシェアしてね

コメントを残す